母の日に送るフラワー電報の基礎知識

母の日はいつ?花は何?

1月
13

母の日にフラワー電報を送ってみたいけれど、何月何日だったかなと、忘れてしまう人もいるのではないでしょうか。母の日は実は何月何日とはっきり決まっているわけではなく、毎年多少、日にちにズレが生じます。なぜかといいますと、母の日は5月の第2日曜日と日本では決まっており、第2日曜日が5月の何日になるのかは毎年変わるのです。カレンダーを見て、今年は何月何日なのか確認しておいて、余裕を持ってフラワー電報の注文をしましょう。ぎりぎりの注文では、当日までに間に合わないこともあるためです。

次に母の日のフラワー電報で届ける花の種類はなにがいいのか、このことで困ってしまう人もいるでしょう。花の種類ですが、定番はカーネーションです。ただ、カーネーションには多くの色があり、色によって花言葉に違いがあります。とくに母の日の贈り物としておすすめなのは、赤かピンクです。

赤色のカーネーションには母への愛という花言葉があり、ピンクには感謝という花言葉があります。白いカーネーションには尊敬という花言葉がありますが、亡き母をしのぶという意味もあるため、母の日に送るフラワー電報としてはふさわしくないでしょう。カーネーションにこだわる必要はありませんが、花言葉には留意して花の種類を決めることをおすすめします。

未分類 母の日はいつ?花は何? はコメントを受け付けていません。

フラワー電報とは?

1月
10

電報は離れている相手にメッセージを送るサービスで、結婚式披露宴などに出席することができなかった人の電報が読み上げられていくさまを見た経験がある人は多いでしょう。フラワー電報はメッセージだけでなく、メッセージと花を一緒に離れている相手に送ることが可能です。お祝いなどの言葉を贈りたいけれど、言葉だけではどこか物足りないと感じる人が利用するのにピッタリなサービスといえるでしょう。

このフラワー電報ですが、母の日のギフトとしてもよく選ばれています。フラワー電報を取り扱っている会社は一社だけではなく、WEBや電話での注文が主な方法としてあります。値段に関してですが、花は台紙代として取り扱われており、台紙代のほかにメッセージ代や送料手数料が発生します。メッセージ代は文字数次第で高くなることがあり、送料手数料は地域によって変わったり、無料になったりするフラワー電報の取扱会社もあります。

花自体の相場ですが、花のタイプによって違いがあります。花束は大体2,000から10,000円、フラワーアレンジメントは大体3,000から15,000円、鉢植えは大体5,000から15,000円、スタンド花は大体10.000から30,000円、ブリザードフラワーは大体3,000から10,000円ほどです。メッセージを考えるのが苦手な人もいるでしょうが、フラワー電報を取り扱う会社によっては、多くの文例が用意されており、好みの文例で申し込みが行うことが可能です。

当サイトでは、母の日にフラワー電報を送りたいという人のため、母の日は何月何日なのか、フラワー電報をどうやって注文するのか解説しています。興味のある方はぜひほかのページの内容もご一読ください。

未分類 フラワー電報とは? はコメントを受け付けていません。